読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画のために早退したい

好きな漫画のてきとう過ぎる備忘録、他。

2017/03/20 【BL】ほんと野獣⑨/山本小鉄子

2016/03 BL漫画

 

ほんと野獣 (9) (GUSH COMICS)

ほんと野獣 (9) (GUSH COMICS)

 

 

かわいい顔してヤクザの輝と、警官の上田は甘々な、恋人同士。
しかし今回は、輝がちょっとヤバめの事件に巻き込まれた!
知り合いに「俺…殺されるかもしれねェ」と言われ、
助けるために奮闘した輝だったが、逆上した犯人に刺されてしまい――?
輝の猫耳ラブラブよみきりも収録した第9巻!

 

安心して読めるBLの筆頭、山本小鉄子(と勝手に思っている)。
いつもなんだかんだ平和でかわいくてホッとして甘くって素晴らしい。

今回も新キャラが少々。
・輝(あき)の元カレ、清(きよし)
・世良組、組長(組長なのか?)
・龍勇会、佐々木

細かい人物も入れると3人か。
先日同作家の「お参りですよ」を読んでいたせいか、元カレ展開多いな、作者の嗜好だろうか…と考える。
あ、「満開ダーリン」では元カノ展開もありましたね。

この作品を読むたび毎回思うのが、ヤクザの表現が私の知っているBL漫画の中で一番優しいということ。
ヤクザBLをそんなに網羅している訳ではないが、私の中のBL内ヤクザの恐ろしさは、

中村明日美子ダブルミンツ」>はらだ「よるとあさの歌」>今作、である。

ダブルミンツ」は恐ろしい。手加減がない。作品自体のシリアスさも相まって、時に顔をそむけたくなるほど。

「よるとあさの歌」もかなり手ひどかったが、これは単に作者のはらだ自身の好みとして「お気に入りキャラをやたらに虐めたい」という思いの結果こうなったのかなと思っている。
はらだはひとりのキャラクターがヤクザに無理くりされるシーンをじっくり描きたかったようだが、おそらく商業的にも構成的にも限界であったため、後に同人誌にして仔細に描き出し発表している。
そしてその同人誌は「とらのあな信販売2016年上半期同人ランキング」、成年向け同人誌の部で堂々の一位。すごい。なんかヤクザよりはらだのが恐ろしい。

また、妹を殴られたヤクザが慰謝料として200万支払えと脅しをかけてくるが、それをなんか好みのバンドマンにライブチケットを融通してもらうことでチャラにしてしまうところに、先述の「ダブルミンツ」にはないBL漫画ヤクザのかわいさが現れている。

そして今作は、上記二作レベルの描写を入れたら作者自身が壊れてしまうのではないかと思うほどのほのぼのヤクザである。せいぜいリンチとか、なんか間違って腹を刺しちゃったとか。
しかしその傷も大事には至らずすぐに治る。
うーん、この安心感。痛すぎなくてちょうどいい。

9巻では、輝の父親に”輝を守りたいなら極道になれ”と発破をかけられ、
今まで身分違いに関する悩みをなんとなくスルーし続けていた朝春(ともはる)が不安を零すシーンがある。
 
俺 輝のこと幸せにできるかな
 

この悩みも輝の「テメェに守ってもらわなきゃなんねーほど 弱くねェぜ」という台詞によってあっという間に解決する。
鉄子作品はリアリティがない(つまり少女漫画に近い)のがいいと思っていたが、少しのリアリティはまたスパイスになり、より甘みが増して後味のよろしい素敵なことになっていた。

あ、おそらく作家も力を入れて描いただろうこの顔最高でした。

f:id:m-nszn:20170325113529p:plain




あとこの柴犬の躍動感のなさかわいすぎたな。ガオオ。

f:id:m-nszn:20170325113548j:plain

2017/03/16 【BL】心を殺す方法/カシオ

2016/03 BL漫画

 

心を殺す方法 1 (onBLUEコミックス)

心を殺す方法 1 (onBLUEコミックス)

 

 

心を殺す方法 2 (onBLUEコミックス)

心を殺す方法 2 (onBLUEコミックス)

 
 
1,2巻読了。
いやこれは…久々にいいBLに出会ってしまった。久々でもないか。いいBL漫画にはわりと出会っている。しかしこれはまた、私が最近出会った漫画たちの「衝撃」とは別のものだ。

付き合ってくれるの?
僕のしたいことに

親同士の再婚で義兄弟になった、10歳違いの春樹(はるき)と光(ひかる)。
人見知りな美少年・光は春樹にだけよく懐き、
春樹もそんな義弟をいじらしく思っていた。
時は流れ、高校生になった光は春樹への恋心を募らせる。

愛憎極まる義兄弟インモラルドラマ、開幕。

あらすじがあまりにもあまりにもだったので少々省略。
弟→兄→先輩、という三角関係ものであり、弟の兄への並々ならぬ執着、それに抗おうとしても弟の狂気じみた行動ゆえ逃げきれない兄、その兄を心配しのめり込んでいく先輩。
ごく普通の立ち位置にいたはずの先輩までもが義兄弟のおかしな関係に翻弄され、とにかく残酷で痛い。

線や作画は荒い部分もあるが、そこがいいと言う人もいる。確かに味があっていい。弟の恐ろしさや兄の絶望は、その少し荒く少し不安定な線でより濃厚に彩られていると思う。
 
また、目の表情がとても豊かなのが印象的だ。
兄が先輩に恋する目、兄の死んだ目、弟の兄を求める目、弟が人を侮蔑する目、先輩のクールなようで頼りがいのある目、先輩の失望の目。

f:id:m-nszn:20170320225902j:plain

f:id:m-nszn:20170320225954j:plain


この振り幅ね。ぞくぞくします。

気になったのが、method.7(7話)から急に先輩の髪型が変わったこと。
特に言及もなく、長めだった黒髪が少し短くなった茶髪?、トーン髪になっていたので、一瞬誰かと思った。
(※追記:method.4でも一瞬トーン髪のシーンあり。英先輩はしょっちゅう髪の色を変えるみたいな設定なのか。それとも何かの表現?)

また、兄はああも弟から逃げられないものなのかという疑問は残る。
兄の「弟を救いたい、ちゃんと向き合いたい」からの性を受け入れる行動、弟の「親にばらす、動画を見せる」という脅しが恐ろしいほど効果を発揮し、大人の男が10歳離れた高校生の弟に組み敷かれて逃げられない。
心を殺されるとああなるのだろうか。

2巻の最後での英(はなぶさ)の台詞、
脅されて 最後だったから…?
引き換えに?そんな簡単に…お前は言いなりになるのか?
は読んでいる間、私も頭の中でずっとリフレインしていた。
まあそこにリアリティを求めるのはやめる。なんだかデリケートな問題にまで言及しそうになるし、そもそもBLはファンタジーだから…。
 
そして、2巻同時発売で完結かと思いきやそうではなく普通にto be continued。あちこちから聞こえる腐女子の阿鼻叫喚。onBlueさん(掲載誌)、上手いですね…。
(※この2日後に続きの掲載されているonBlue買えるだけ買いました。ほんと勘弁してください。)
 
1巻の冒頭で義兄弟がおそらく喪服で一緒に座っているシーンがあり、そこから“――7年前”としてストーリーが始まっていくのだが、
「7年前」の時点で弟・光は13歳。
兄・春樹は10違いだから23歳。
その後ストーリーが進むと光が高校生(何年かは不明。見落としてるかも)になる。

そこからの2~4年で、二人に、その周囲に一体何があったのか。
冒頭のこのシーンは誰の葬式または法要なのか、7年経っても離れられなかった(?少なくとも再会することは出来た=絶縁に至っていない)義兄弟、その時英先輩は?義兄弟の両親は?

早く知りたい。この手の気持ちに駆られるたび「完結してから読みたかった…」といつも項垂れる。

また、この漫画を読んだ人は弟派、先輩派にぱっかり分かれるそうだ。私は見事に先輩派で「先輩、早く兄を救ってくださいよ」という気持ちしかなかったので、むしろ弟派がいることに驚いた。
 
あとどうでもいいんだけど、この漫画に関することを調べたくて検索すると、履歴が心底病んだ人みたいになる。誰かに見られたら心配されること間違いなし。

f:id:m-nszn:20170319195255j:plain

2017/03/16 今日から第二の患者さん/青鹿ユウ

2016/03 漫画

pixivコミックにて。今日は1〜6話まで。

comic.pixiv.net

オット(仮)ががんになっちゃった!? 
看病を引き受けることになった妻(仮)は、
患者とその家族を取り巻くつらく厳しい状況と、周囲の「善意」の言葉にも振り回されてしまう。
ヘトヘトになった彼女がたどり着いた言葉「第二の患者」とは?
国民の二人に一人ががんになる時代、あなたもけっして他人事じゃありません!
いざというときためになる、全く新しい闘病エッセイコミック!!

 

知らない世界、未体験の世界、実在する普通の人間が普通に感じたことをありのままに綴るコミックエッセイが好きだ。
知人に直接体験談を聞くより生々しく、遠慮がなく、それによって私が泣こうが落ち込もうが、発信しなければ体験者には届かない。

「第二の患者」という言葉をこの漫画で初めて知った。
 

がんと分かったとき、治療が行なわれているとき、治療効果が得られたとき、再発が分かったとき、病状が進行して治る見込みがなくなったとき、残された時間が限られていると知ったとき──その時々で、患者さんと同様に、家族の心はさまざまに揺れ動きます。そうして精神的にも肉体的にも追い詰められ、不安・抑うつなどの心理的ストレスが認められるケースが多いことが、研究により明らかになってきました。

つまり、家族は患者さんと同様の感情を抱くことから「第二の患者」といえるのです。

家族は「第二の患者」 | 家族のサポート | がんを学ぶ

 

見逃されがちだけど、大切な人が癌告知されていつも通り頑張れる人なんていないし絶対どこかに無理が出る。でも、患者を支えるために頑張らなきゃいけない。

第6話「ちょっとまって!アドバイス
この中で作者は”人からのアドバイスはおなかいっぱいだ”とつらさを吐露する。

 ”何故!病人と家族は!心持ちを清くあれと!言われるのか!?”


アドバイスなんてなくても、身近な人がくれるいつもの普通が”第二の患者”である筆者の心を癒してくれる、という内容。
その内容ももちろん大切で、興味深く、自分を省みたが、何よりこれを漫画にして発表しようというのは相当勇気が要ったんじゃないかと思う。
今まで、善意でアドバイスしてくれた人たちが読む可能性は多大にある。その人たちに、穏やかながらはっきりと物申しているのだから、その心労は想像できる。

コミックエッセイとはこういうものなんだ。だから好きなんだ。
自分を切り売りしなければいけない。作品にしようと作家自身が決めたことだが、何人かの作家は「当時を思い出して描くのは、私生活を曝け出すのは、苦しかった」と名言する。
言葉にするのが何人かなだけで、おそらく全員が同じ思いを抱えながら、それこそ内容によっては命を削って差し出すような作品を生み出す。

明るかろうが暗かろうが、絶対に誰かが何かが犠牲になっている。
コミックエッセイってそういうものなんだ。

2016/03/14 亜獣譚

2016/03 漫画

アプリ「マンガワン」にて。最新話8話まで。

www.urasunday.com

害獣駆除兵・アキミアツキヒコは、害獣駆除を生業とする動物的な男。ある日、狩りの途中に謎の男に邪魔された。その男は害獣を愛護しているよう。邪魔された事によって、アキミアは怪我を負ってしまう。そんなアキミアを助けたのは、弟を探しに森の中をさ迷っていたホシ・ソウ。ホシは巨乳の衛生兵。2人が話している内容を推測すると、アキミアの狩りを邪魔した男がホシの弟のよう。害獣を愛護している弟を殺さないと危険と考えるアキミアと、弟を保護したいホシ。そんな2人が出会ってしまった運命の果てとは・・・??

 

なんで公式のリンクで画像が表示されないんだ。なんなんだ。画力にもとても魅力のある漫画なのに。あとこのあらすじはなんか公式っぽいどっかから適当に拾ってきたんだけど文章下手だな。語尾がようようってラッパーか。

もう知らん。画像貼っちゃうぞ。

f:id:m-nszn:20170319022905j:plain


f:id:m-nszn:20170319023040j:plain

f:id:m-nszn:20170319023104j:plain


あいほんで適当にぱしゃぱしゃした画像だから許してくれ。いい画力だろ?読みたくなってきたろ?な?

 

さて。
この日はこれを眠る前に読んで、なんだか心を抉られて、そうしたらものすごい悪夢を見た。そういう漫画だ。

 
江野スミの迫力のある作画から溢れ出す、禍々しいような負の感情。悲哀、はまだいい方で、囚われ、屈辱、恥辱、憎悪、絶望。
 
漫画の最後につく“ちょい足し”にて、作者江野スミが語っていた「この世に残酷な物語があることについて」。
優しい人に囲まれて、誰にも傷つけられずに生きてこれた人が無自覚に人を傷つけてゆくことがある。
健やかに育った人の身体や心を深く傷つけずに、少しでいいから「恐ろしさ」を知ったり、追体験してもらうために、読んでショックを受ける残酷な物語が、この世にある。


最新話は殊更残酷で、同じようなレベルのことはきっと知らないだけで世界のあちこちであるだろうと思っても、それでも「何故こんな残酷なことが起きるんだろう」と気持ちが持っていかれる。

 
この人の漫画はわりと独特だ。一昔前なら完全に浮いていた気もする。
(なんというか、ガロ系にも微妙に属さないし、一般的な青年誌では浮きまくりだし、という状態が想像できる。)
漫画には、江野スミの内面―――非常に複雑で、しかし世界を広く客観的に、"普通"から外れて見ることが出来る、そして思慮に没頭していってしまう―――そんな部分がしっかりと表れている。
だからたまに人物の言っていることが分からなくなることがある。
そこに共鳴しようと思うと、こちらも思慮に没頭していってしまう。
罠のような漫画だ。
だけどその罠は非常に興味深く、面白く、かかってよかったと思える罠なのだ。

ちなみに、くそシリアスに見えるけど下ネタもギャグもしっかりある。
(ただ、くそ重い展開の途中にギャグががっさがさ挟み込まれるので、こちらはついていくのに精いっぱいである。)
また、私はマンガワンで読んだけど、公式の裏サンデーで普通に全話読めます。ぜひ。

2017/02/11 WHITE NOTE PAD②/ヤマシタトモコ

2016/02 漫画

 

WHITE NOTE PAD 2 (フィールコミックスFCswing)

WHITE NOTE PAD 2 (フィールコミックスFCswing)

 

 

おれたちはひとりひとりじゃなく ふたりなんだから

私の人生は奪われた――女子高生(17)と中年男(38)。
女と男、人格逆転ドラマ。

 

ヤマシタトモコは大好きな作家のひとりだが、ごめん、正直に言う。

一巻読んだのすごい前だから、よくわかんないまま終わってしまったごめんなさい…。

もう一度最初から通して読みたい…。


これだけではあんまりなので、ヤマシタトモコへの愛をここに記す。

ヤマシタトモコの描く人物の魅力、どんどん上手くなるストーリー構成には惹きつけられるばかりである。

既刊をほぼ全て持っているが、初コミックス「くいもの処明楽」の時からそのストーリーの完成度と魅力的なキャラクターは光っていた。

「Love,Hate,Love」、年の差恋愛にときめいたのはこの漫画が初めてだった。

「MO'SOME STING」、ヤマシタトモコの暴力的な魅力にやられた。
興味の湧かないキャラがひとりもいない。

特にオタク系中国マフィア(細マッチョ)の王狐文(ワン・フーウェン)がかわいくてかわいくて。
当時まだ長編の少なかったヤマシタトモコだが、キャラクターたちの生活をもっともっと見ていたいと心から思った。

BUTTER!!!」、初の長編。全6巻。
”鬼田先生”というキャラに撃ち抜かれた。自分の中の教師萌えを知った。

ひばりの朝」「無敵」、ヤマシタトモコは狂気を描くのも恐ろしく上手いのだと思い知る。

「さんかく窓の外側は夜」、決定的である。
ホラーとサスペンスとスリルとややBLの融合。相変わらず非常に魅力的に描かれる少女。
やはりヤマシタトモコはめちゃくちゃおもしろい。
3巻まで買い揃えて友人の誕生日に贈った。
即読み終えて「最高だ!」と叫んだ友人から友人の親にまで回され、友人の親も「最高ね!」と叫んでいた。

「花井沢町公民館便り」、なんだこの構成は?何度読み返しても新しい発見をくれる。そして読者を驚かす。
考察に燃えるブログも散見した。ヤマシタトモコは完全にストーリーテラーとなった。

あー。ヤマシタ作品が恋しくなってきた。すべて読み返したい。
でもその前に、WHITE NOTE PAD、また、もう一度読みます。
ヤマシタ先生、ごめんなさい。

2017/01/22 娘が発達障害と診断されて…母親やめてもいいですか

2016/01 漫画
 

  「この母親は許せない!」「すごく救われた。ありがとう!」
賛否両論を巻き起こした超ド級の子育てコミックエッセイが待望の文庫化!
母娘の近況も新たに追加収録。
高機能自閉症アスペルガー症候群の権威・杉山登志郎先生の解説付き。

不妊治療や流産を乗り越え、ようやく授かった娘は発達障害だった。療育に奔走するが、わが子と心が通い合わない事に思い悩み、いつしか将来を悲観するようになっていく。チャット、浮気、新興宗教……現実逃避を重ねる中、夫から離婚届を突き付けられてしまう。その時、私が選んだ道とは――。著者の絶望と再生の体験記!

 

障害のある子どもに関わる場所で働いているのもあり、当事者家族の生の声を読んでみたい、という思いで購入。

上記にあるように、ネットのレビューでは「救われた」「楽になれた」という感想と、激しい批判が入り乱れている。
発達障害の子供に耐えられず不倫をして母親辞めました”が正しいんじゃないか?という批判があった。確かに内容的にはそうであるので、的を射すぎており思わず膝を打った。

批判派の意見も分かる。
しかし障害児を抱えて、理想と現実のギャップに逃避したくなる気持ちも、経験したことがないが絶対にあるはずだ。
何にせよ、ひとりひとり耐久性も感受性も違う人間なのだ。
過ちを犯す者も、それを過ちと思わない者も、平気な顔をしているようで自分に枷をはめて苦しみながら生きている者もいる。
筆者が本当はどのような思いを抱えているのかは分からない。
だが、私はこのどうしようもない母親の物語を読めてよかったと思う。

私は当初、勝手にこれは前向きな漫画なのだろうと思いながら読み始めた。
しかし、途中からめちゃめちゃに正直な漫画だった。
読み終わった後、なんだか楽な気持ちになった私も自己中心的な人間なのかもしれない。
死にそうになりながら最低のことをしても逃げても後ろ指をさされても生きるしかないと、自分を何よりも大事にしたこの人を私は責められない気がする。

ただひとつ、筆者の子供が成長し、この本を読んだ時。
筆者の子供”たから”ちゃんは、発達障害こそあるものの知的障害はない。少し不器用なだけで人の気持ちも分かる。
この本に何が描かれているか、自分の母親が自分の存在をどう受け止め、考え、苦しんだかを知ってしまうかもしれない。

それだけが心配であり、想像するだけで心が痛い。

2016/1/1 女たちのサスペンスvol.1不幸な生い立ち/大原レイン、他 ・ ママだって、人間/田房永子

2016/01 漫画

 

女たちのサスペンス vol.1不幸な生い立ち (家庭サスペンス)

女たちのサスペンス vol.1不幸な生い立ち (家庭サスペンス)

  • 作者: 大原レイン,宮城朗子,小野拓実,なかのゆみ,秋山紅葉,よしだ☆かおる,金山カメ,佐嶋しおり
  • 出版社/メーカー: 笠倉出版社
  • 発売日: 2016/08/19
  • メディア: Kindle
  • この商品を含むブログを見る
 

 
元旦、あまりにも暇でRenta!の無料で読める中から選んだんだったかな?あまり記憶にない。

女性の日常で起こる、サスペンス&ドラマチックな読み切りストーリー満載!
300ページ以上の大ボリュームでお届けする、社会派コミック雑誌『女たちのサスペンス』が新登場!
特集は『不幸な生い立ち』どうしてボクたちを産んだの?ママ…。虐待・母性欠落・近親相姦…親を選べない子供たちの魂の叫び!


内容もほとんど覚えていないけど、ラストがやたら尻すぼみなものが多かった。担当編集の意向だろうか。それとも作家の構成力の未熟さなのか。

この類の漫画、よくおばあちゃんちにあったなあ。乱雑にそのあたりに置いてあって、漫画だ!と少しめくってみるんだけどなんだか怖くて。慌てて閉じて棚の奥に押し込んで、わたしはちびまる子ちゃんとかを出してきて読んでいた。

余談だが、私は心が弱っている時、こういう少々下衆な漫画(蔑視しているわけではない)が読みたくなる。おそらく正月休みで生活リズムが乱れ、暇だから余計なことを考え、ああもうとむしゃくしゃしてこの作品に辿り着いたのではないかと想像する。

だから、こういう“少々下衆な漫画”というのは必要なんだ。ありがとう、“少々下衆な漫画”。
 

ママだって、人間

ママだって、人間

 

 

超話題作『母がしんどい』で実母との戦いを描いた著者が、今度は一児の母になって、育児マンガの常識とタブーを破る!

「妊娠したら性欲は二の次」「陣痛は痛い」「育児は大変」「母乳が一番」…
よく聞くフレーズだけど、実際に妊婦&ママになってみると違和感だらけ! これって一体どういうこと?
32歳A型の新米ママ・エイコは今日もいちいち立ち止まる!


ごめん本当にごめん。読んだんだが、おもしろい!と思ったんだが、内容がほとんど記憶にない。この記事を書いているのが読んでから3ヶ月後なので、その間に忘れたんだ。
単行本は持っているので、今度また読み返します。
また、田房永子は本当に色々心配なので、今後もずっと見ていきたい作家です。