読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画のために早退したい

読んだ漫画のてきとう過ぎる備忘録ネタバレ前提。他。

2017/04/14 岡崎に捧ぐ③/山本さほ



仕事を辞めたり犬と遊んでいたりしていたら間が開いてしまいました。わん。

岡崎に捧ぐ 3 (BIG SUPERIOR COMICS SPECIAL)

岡崎に捧ぐ 3 (BIG SUPERIOR COMICS SPECIAL)

 

 


高校編突入!人気俳優・坂口健太郎も絶賛!

毎日お腹を抱えて笑う日々だった小中学校時代が終わり、岡崎さんとは違う高校に入学した山本さん。
そこで待ち受けていたのは予想とは違う、何か「不自由」な学校生活だった。
片や別の学校に進んだ岡崎さんや杉ちゃん、宮部さん、原口さんはそれぞれの学校生活を歩み始めていた・・・それに焦る山本さん・・・
波瀾の高校生活、いざ開幕!!!

 

 

相変わらずのシュールさ!ギャグのキレ!
絵柄もゆるいのに完成されていて、隙さえも魅力になっている。
ああ〜、この絵柄大好きだな~。
 
3巻は高校生編。
別々の高校へ進学した山本さんと岡崎さん。
小学生時代はおかしなクラスメイトにも暴力的な男子にもまったくダメージを受けていなかった山本さんが、
高校では「かわいい〜!」を連発するクラスメイトにあっという間にノックアウトされタジタジになっている!
高校生活おそるべし。
 
年代が丸かぶりなので小学校時代の話も
「あああああ~なづかじいよお」ともんどり打つものばかりだったが
小学校時代が被っているなら当然高校生時代も被る。そりゃそうだ。
 
ルーズソックスのこだわり、HARUTAのローファー、プリクラ帳、着メロ作成…。
 
あったあった全部あった!
ルーズは長ければ長いほどいい。
手帳をぎゅうぎゅうに埋め尽くすプリクラ。
撮ったらすぐハサミで切って交換。
友達になった子とはまたプリクラ交換。
 
しかし、着メロ作成でFF、クリスタルのテーマを作る頭はなかった!
 
こんなの、大人になったら完全に彼女のとてつもない魅力なのに。
 

すごいいい曲でしょ!?自分で作ったんだ~!!

えっ…えふえふ?
なに?ゲームの曲なの?
 
 
クラスメイトにはドン引きされてしまう。

若くて、かっこいい(と信じている)ことが好きで、イケてる(と信じている)ことが正義。
マジョリティが優位すぎる、狭くてアホらしくて薄いものが渦巻いてそれでも後から見返すとぼんやり輝いている、高校生時代という尊い数年間。
 
その中で、自分のままでは馴染めない自分。
でもそれは大人になった時、こんな面白い漫画を生み出す武器になるんだな。
 
そうして山本さんが打ちのめされたり混乱したりしている中、岡崎さんはずうっといつも通りだ。

 
変化をする私の隣で、岡崎さんはずっと変わらないのだ。
 

 

くるりの歌を歌って周りに引かれた日も、
岡崎さんは「干し芋は牛乳と食べるとおいしいよ」と迎えてくれる。
妹がギャル化しても、お母さんが行方不明になっても、
いつもと同じ笑顔、眠そうな眼で岡崎さんはそこにいる。
 
4巻では高校卒業だろうか。
この先、この二人はどうなって行くんだろう。

今回は2巻でも触れていた山本さんの恋愛編、続編も描かれていて、
不覚にもキュンキュンしてしまった。
しかしその結末には盛大にポカーンとさせてもらった。
笑いもときめきも呆然もくれるのか。すごいぞ山本さほ
 
あとこれ。

f:id:m-nszn:20170417214106j:plain

 
ムーンプリンセス妃弥子…!!!
うわーなつかしすぎて何かの扉が開いた!
私は当時からオカルト大好き占いおまじない大好き少女だったのでよくそれ系の本を読んでいたが、
確かそこかしこにムーンプリンセス妃弥子の名前があった!
うわーうわー。懐かしいなー。
 
同世代のエッセイ漫画ってこういう楽しみがあるんですね。
年取ったなあ。でも全然悪くない。
 


ランキング参加してます。

にほんブログ村 漫画ブログ 今日読んだ漫画へ