読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画のために早退したい

読んだ漫画のてきとう過ぎる備忘録ネタバレ前提。他。

2017/03/16 【BL】心を殺す方法/カシオ

 

心を殺す方法 1 (onBLUEコミックス)

心を殺す方法 1 (onBLUEコミックス)

 

 

心を殺す方法 2 (onBLUEコミックス)

心を殺す方法 2 (onBLUEコミックス)

 
 

 

1,2巻読了。
いやこれは…久々にいいBLに出会ってしまった。久々でもないか。いいBL漫画にはわりと出会っている。しかしこれはまた、私が最近出会った漫画たちの「衝撃」とは別のものだ。

付き合ってくれるの?
僕のしたいことに

親同士の再婚で義兄弟になった、10歳違いの春樹(はるき)と光(ひかる)。
人見知りな美少年・光は春樹にだけよく懐き、
春樹もそんな義弟をいじらしく思っていた。
時は流れ、高校生になった光は春樹への恋心を募らせる。

愛憎極まる義兄弟インモラルドラマ、開幕。

 あらすじがあまりにもあまりにもだったので少々省略。
弟→兄→先輩、という三角関係ものであり、弟の兄への並々ならぬ執着、それに抗おうとしても弟の狂気じみた行動ゆえ逃げきれない兄、その兄を心配しのめり込んでいく先輩。
ごく普通の立ち位置にいたはずの先輩までもが義兄弟のおかしな関係に翻弄され、とにかく残酷で痛い。

線や作画は荒い部分もあるが、そこがいいと言う人もいる。確かに味があっていい。弟の恐ろしさや兄の絶望は、その少し荒く少し不安定な線でより濃厚に彩られていると思う。
 
また、目の表情がとても豊かなのが印象的だ。
兄が先輩に恋する目、兄の死んだ目、弟の兄を求める目、弟が人を侮蔑する目、先輩のクールなようで頼りがいのある目、先輩の失望の目。

f:id:m-nszn:20170320225902j:plain

f:id:m-nszn:20170320225954j:plain


この振り幅ね。ぞくぞくします。

気になったのが、method.7(7話)から急に先輩の髪型が変わったこと。
特に言及もなく、長めだった黒髪が少し短くなった茶髪?、トーン髪になっていたので、一瞬誰かと思った。
(※追記:method.4でも一瞬トーン髪のシーンあり。英先輩はしょっちゅう髪の色を変えるみたいな設定なのか。それとも何かの表現?)

また、兄はああも弟から逃げられないものなのかという疑問は残る。
兄の「弟を救いたい、ちゃんと向き合いたい」からの性を受け入れる行動、弟の「親にばらす、動画を見せる」という脅しが恐ろしいほど効果を発揮し、大人の男が10歳離れた高校生の弟に組み敷かれて逃げられない。
心を殺されるとああなるのだろうか。

2巻の最後での英(はなぶさ)の台詞、
脅されて 最後だったから…?
引き換えに?そんな簡単に…お前は言いなりになるのか?
は読んでいる間、私も頭の中でずっとリフレインしていた。
まあそこにリアリティを求めるのはやめる。なんだかデリケートな問題にまで言及しそうになるし、そもそもBLはファンタジーだから…。
 
そして、2巻同時発売で完結かと思いきやそうではなく普通にto be continued。あちこちから聞こえる腐女子の阿鼻叫喚。onBlueさん(掲載誌)、上手いですね…。
(※この2日後に続きの掲載されているonBlue買えるだけ買いました。ほんと勘弁してください。)
 
1巻の冒頭で義兄弟がおそらく喪服で一緒に座っているシーンがあり、そこから“――7年前”としてストーリーが始まっていくのだが、
「7年前」の時点で弟・光は13歳。
兄・春樹は10違いだから23歳。
その後ストーリーが進むと光が高校生(何年かは不明。見落としてるかも)になる。

そこからの2~4年で、二人に、その周囲に一体何があったのか。
冒頭のこのシーンは誰の葬式または法要なのか、7年経っても離れられなかった(?少なくとも再会することは出来た=絶縁に至っていない)義兄弟、その時英先輩は?義兄弟の両親は?

早く知りたい。この手の気持ちに駆られるたび「完結してから読みたかった…」といつも項垂れる。

また、この漫画を読んだ人は弟派、先輩派にぱっかり分かれるそうだ。私は見事に先輩派で「先輩、早く兄を救ってくださいよ」という気持ちしかなかったので、むしろ弟派がいることに驚いた。
 
あとどうでもいいんだけど、この漫画に関することを調べたくて検索すると、履歴が心底病んだ人みたいになる。誰かに見られたら心配されること間違いなし。

f:id:m-nszn:20170319195255j:plain

 

ランキング参加してます。

にほんブログ村 漫画ブログ 今日読んだ漫画へ